ゲームコラム

激震!世界のGoogleがゲーム業界に参入するってどういうこと?

昨日、私がびっくりしたニュースを目にしたので記事にしていきたいと思います。

あの世界のGoogleがゲーム業界に参入することが決まりました。

うっへ、まじかよ。

ゲームサービスの名前はSTADIA(スタディア)と言うそうです。
平成も終わるっていうのにまさかこんなビックニュースをぶっこんでくるなんて思いもしなかったんですけど!

日本のサービス開始はまだ発表されてませんが、アメリカやその他の海外ではもう2019年の今年からサービス開始を始めるとのことです。

今日はGoogleがゲーム業界に参入すると何ができるのか、ゲーム業界の歴史が変わってしまうんではないかっていう話をゲームに詳しくない人が見てもわかるように書いていきたいと思います。

STADIAが最強になる時代がくる

安価でゲームができる

ハード機やパソコンを購入しないとゲームってできないですよね。

しかもswitchやPS4は簡単にポイポイと手軽に買えるほど安い金額ではありません。
そしてゲーム本体を買ってからもソフトや、更には一緒にやる人分のコントローラーや線やら買ったりしてゲームをするだけで初期費用は結構かかっちゃいます。

switchは専用のコントローラーは付属でついてるけど、私は使いにくいからプロコン買ったんだけど7000円したよ
私の場合だとswitch本体約3万+なにかしらのゲームソフト5000円+プロコン代約7000円で約42000円かかってます

ですがSTADIAはGoogle chromeが見れる環境ならゲームができるようになります。

ハード機本体を買わなくても今使ってるスマートフォンやパソコンがあればゲームができちゃう!

なんならテレビにつなげればスマートフォンやタブレットはタッチパネル式のコントローラーにもなる可能性だってあるし、使いにくいなって思ってもコントローラー代だけで済むのでだいぶ安価でゲームができるようになります。

ちなみにSTADIAの発表と同時に専用のコントローラーの発表もありました。

最近のニュースでswitchのコントローラーをGoogle chromeに対応できるようになるかもしれないってニュースが出てたので、今持ってる何かしらのハード機のコントローラーも対応するようになるかもしれません。

最近のゲーム機のコントローラーはBluetooth接続で出来るからねー

クロスプレイ対応

クロスプレイというのは別々のゲーム機械を持っている人が同じゲームで遊べることを言います。

今までのゲームはPS4ならPS4を持っている人同士、switchなら持っている人同士でしか遊ぶことが出来ませんでしたが、最近はクラウドを使ってお互いに違う端末でもゲームが出来るクロスプレイ対応のゲームは増えてきました。

フォートナイトとかそうだよね

これからはインターネットが使える端末を持ってるならSTADIAでクロスプレイができることになるんです。

っていうことはiPhoneやandroidも関係なし、マックつかってようがWindowsだろうがネットが見れる端末があればゲームができるんです。

switchもPS4もYOUTUBE対応してるからもしかしたらSTADIAで遊べるようになるかもね

YOUTUBE配信が楽にできる

私も以前ゲーム配信者として活動したことがあります。

ちなみに私が配信してた時代はニコニコ生放送です

配信するのにもいろいろ機材を買う必要があって、テレビのゲーム画面をパソコンに移す機械(キャプチャーボード)だけで1万近くしますし、それなりのスペックがないと高画質で配信できないし、マイクやヘッドホンの購入もしなきゃいけないんです。

ですが、STADIAはボタンをぽちって押すだけでYOUTUBEで配信できるようになります。
しかも今のYOUTUBE配信は4Kに対応しているので高画質でゲーム配信が出来ます。

次発売されるPS5も4Kに対応するんではないかって話が出てましたが先にSTADIAが対応しそうですね

有名になれば世界から注目されますし、Googleと連動してるので広告収入を得ることだってできます。

ゲームやるだけでお仕事になる…夢がありますよね

世界のGoogleだからこそできること

STADIAの魅力はまだまだありますが、ここからは普段ゲームをしている私がGoogleだからこそ期待していることです。

チーター対策

どんなパソコンゲームにもいるのがチーターです。

はやければ配信開始されてから一週間程度で沸いてくるんです

APEXではまだまだチーターが多い現状で、このようにゲーム開始画面から販売を促すチャットを送り付けてきたり音声による宣伝されます。

最近やっとBANされたり、もう二度とアカウントを作れなくしたりと対応しているそうですがゲームが配信されてから一か月ほどかかりました。

それでもまだまだいるけどね

せっかく面白いのにゲームにこういう人が一人でもいるとすっごい萎えるし、そもそも中国ではAPEX配信されてないのにあらゆる手を使ってゲームをやってる時点でおかしいんですよ!

STADIAでも絶対ゲームが配信されたらそういう人たちが絶対に沸いてくるので速攻対応に入って欲しいっていう願いです。

まぁ世界のGoogleさんだから安心している自分もいるけどね

ゲームの遅延問題やメンテナンス

ゲームのラグって結構ゲーマーにとっては致命的な問題なんです。

とくにFPSガチ勢は1秒のコマでも気にする人もいるほど遅延って大事な問題なんです。

私は最近FPS始めたから気にしたこともないけど…笑

しかもクラウドゲームだから超ハイスペックなスーパーコンピューターじゃないと処理落ちしたりサーバーダウンしたりしますが、ゲーム配信元がGoogleさんなので安心ですね。

今までオンラインゲームで遊んだことがある人はわかる話なんですが、イベントがあったり新しくコンテンツがでると結構サーバーがダウンしてメンテナンスに長時間かかってゲームが遊べないって状況が多いんです。

仮にSTADIA内でバグがあったり不具合があっても世界中にいるGoogleエンジニアさんが対応に入ると思うのでメンテナンス時間もごくわずかな時間で終わると思います。

最後に

任天堂はオリジナルのキャラのゲームがたくさんいるし、ゲームのターゲット層も違うので、STADIAの発表に震えたのはおそらくSONYや他のパソコンゲームを配信している会社ですね。

プレステはVRというコンテンツやVITAという持ち運びができるプレステがありますが、Googleにも専用のVRゴーグルがあるし、スマートフォンやタブレットは持ち運びもできます。

しかもGoogleのVRの方が安いんですよね

日本でSTADIAが流行るかどうかはわかりませんが、世界でみるとプレステから移行する人が多くて、このままだとまじでプレステに勝ち目がないんで、一つだけSONYにアドバイスしたいと思います。

今まで出たプレステのタイトルゲームを出来るようにした方がいい

難しいことはわかってる、わかってるんだけどリメイクしなくてもいいから昔のゲームができたらいいなって少なくとも私は思ってます。

新しいゲームもいいんだけどね、大人になった今だからこそあの頃流行ったゲームとかみんなが青春時代に遊んだゲームとかやりたいんですよ。

是非検討してほしい。